2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 子供が「泣いた時」どうしていますか? | トップページ | 後継者倫理塾第7期生スタート! »

2009年9月 9日 (水)

泣く子の対応法・・・パート2!

J01788451「泣かれると、イライラする・・・」

「泣かれると、ムカムカする・・・」

「泣かれると、モヤモヤする・・・」

気持ちを言語化できない子供は、感情や行動で気持ちを伝えようとします。

それをわからない親や先生は、「泣く」という行動に注目して抱っこしたり、あやしたり、物を与えて泣きやませようとします。

そして、見事に子供の術中に「はまり」ます。

それの戦術を学んだ子は、やり続けるのです。

私がお勧めする「泣く子の対応法」とは?

①子供の気持ちに共感する。

 言語化できない子供の気持ちを親が言葉で表現します。気持ちを「わかってもらえた!」と感じると落ち着いてきます。親は、泣く代わりに言葉で気持ちを伝えるという訓練をしていきましょう。

②子供の行動を理解する。

 大声で泣くのはわかってほしいから・・・。泣くことをやめさせるのではなく、周りに迷惑にならない声で泣いてもらうようお願いします。不適切な行動に注目をしない。泣き終わった時こそ声をかけましょう。

③子供の習慣を教育する。

 子供が同じパターンで訴えて来たら、親は対応を変えてみましょう。泣かないで主張できた、何かが伝えられたときこそ認めて勇気づけをします。いつもの習慣を少しずつ変えていくように教育します。

子供の不適切な行動に注目したり、要求をかなえたりするとその行動は続きます。

子供が適切な行動で主張できたり、要求できたりできるよう対応していくことが大切ですね。

子供は常に親の対応や態度から学んでいます。

特に幼少期はその影響が強く現れてきます。

私達親こそが、上手な「子育て法」を学んでいく必要がありそうです。

090812_163702 「子育てブログ」の上をクリックしてもらえませんか?現在第8位に浮上しました・・・。

今日はカウンセリング2件、面接2件、夜に後継者ミーティングと続きます。

明日は幸手の経営者セミナーで講演。これから、セミナー・講演の日々が続きます。顔晴りますっ!

 

応援はこちらから→にほんブログ村 子育てブログへ人気blogランキング

楽しい子育てを広めよう! 2つのランキングに参加中。 上のロゴをクリック、ご協力を!

←みのる園長の国際幼児園、セミナーはココからチェック!

スタッフが書く、国際幼児園の日常保育ブログ公開中!

« 子供が「泣いた時」どうしていますか? | トップページ | 後継者倫理塾第7期生スタート! »

コメント

鈴木先生、ありがとうございます。
対応を教えていただいて 本当に感謝です。
アドラーの本も読んだりしましたが、
なかなかどのようにやればいいかわからず・・・
そして 泣かれるとやはり、イライラしてしまったりして・・・。
かえって怒ってしまったりしてました。

まだ3歳になったばかり。これから対応を変えていこうとおもいます。

nabaさんへ

早速のコメント頂きましてありがとうございました。
超ハイスピード?の反応で驚いています。

子供の気持ちには十分共感しても、行動は一貫した態度で生きましょう。
これを「にこにこ顔で命がけ」と言っています。

時間をかけて・・・
少しずつ、歩いていきましょう。

応援しています。

鈴木先生
こんばんは☆彡
先月のフォローアップで、自分がすっかり「はまっている」事を教えていただきました。
思い通りにいかないと、今日の予定を否定する娘です。
まだ泣きながら「○○へ行かない~」と言いますが、その否定された事に注目するのではなく、思い通りにいかなかったその気持ちを私が言葉にする事で、泣き続ける時間がだいぶ減り気持ちの切り替えが早くなってきた気がします。
分かってあげてなかったんだな~と痛感しています。
また産後落ち着いたらフォローアップでお世話になります!よろしくお願いします。

声を上げて泣くという事の周囲の対応についてはっと!!!気付かせて頂きました
今から早速そうして行きます
適切な行動に大きな関心そしてどんどん伝えて共に喜べたら最高です

ドルフィンさんへ

コメントありがとうございました。

いつも学んでいる姿が印象的なドルフィンさん・・・。
できるか、できないが大切なのではなく、やろうとしている姿勢が魅力的です。

相手の立場に立つとは、難しいことかも知れませんが、私達大人にとっては大切な修行ですね。

いいゆさんへ

コメントありがとうございます。
子供は、よ~く大人達の反応を見ています。大人の表情、態度、言葉遣い、雰囲気・・・。これらを察する名人ですね。

子供は親の鏡と言います。
鏡は、姿しか映りませんが、子供という私達の鏡は、私達の心も反映するから凄いです。

子供を躾るとは、自分自身を戒めるチャンスかも知れませんね。

鈴木先生
回答ありがとうございます

「にこにこ顔で命がけ」正直なかなかにこにこ
できないのですけど、でも がんばります。

そして、ぜひ東京でもセミナーやってください。
参加したいです。(子連れOKだと助かります)
これからも応援してます

稔先生、こんにちは!

最近、1歳8ヶ月の娘が突然、帽子をかぶり、外に行きたいとグズグズ訴えてきます。

外に行ける状況の時は、少し外に行って、落ち着きます。
しかし、夜は困ってしまいます。
「お外に行きたくなっちゃったんだぁ〜」
と言うと、「うん」とうなずいて、手を引っ張って玄関へ行こうとします。

行かなければ泣いて訴えてきます。

今は「パパ」「ママ」ぐらいしかしゃべれない娘。

気持ちを言葉で伝えるのは難しいです。

こんな時期はどのように対応したらよいのでしょうか?

だんだん、ひつこいとイライラしてしまい、後悔します。

娘が外に行きたい目的は何なのか考えていますが、まだよくわかりません…

nabaさんへ

コメントありがとうございます。

にこにこは、ありがたいなぁ、楽しいなぁ、嬉しいなぁと感じると自然に「にこにこ」になります。

命がけは、親として人として子供に「このような人間に育てたい」との信念・念願・想いがあれば、目先の対応に惑わされることなく自分の行動を一貫させる事ができます。

「にこにこ顔で命がけ」は自分の内側を振り返るよいチャンスかも知れません。

生まれてきてよかった。生まれてくれてよかった。と言える親子関係を作っていきましょうね。

ぶみっ子さんへ

コメントありがとうございます。子供は「ねばならない、~すべきだ」の世界には住んでいません。

「やりたいこと」が善で、大人が言う「すべきこと」は通じないのです。

夜、外に行きたい・・・。親は行かせたくない・・・。

①気持ちは受け取る「そう、お外に行きたくなっちゃったんだね(ニコッ)」

②残念だけど、夜だからお母さんは行きたくないんだ。

③子供が泣く。

*泣きやんだ時に「わかってくれてありがとう」と適切な行動に注目する。
*外遊びの代わりに、お手伝いを通してお母さんとの楽しい時間を過ごす。
*夜の過ごし方(時間の使い方)を見直す。

エネルギーや好奇心の強い子なのかも知れませんね。そのエネルギーを手伝いや家族に貢献すること等に使い、別な意欲を育てるのもよいかも知れませんね。

ありがとうございました。

稔先生へ

コメントありがとうございました。

さっそく行動してみようと思います!!

もう1つお伺いしたいのですが、子どもが泣いてしがみついて来るとき、私はどうしたらいいのでしようか?

ニコニコ笑顔で命をかけて、お外に行きたいんだね〜と、抱きしめたらいいのか…

また、私から離れて泣いている場合は、私は私のやりたいことをやってていいのか、少し離れてニコニコ見守っていたほうがいいのか…

よろしくお願いしますm(__)m

こんにちは。
鈴木先生。

なるほど、勉強になります。
うちも1歳になった子供がいます。
意識して行動してみます。

ぶみっこさんへ

コメントありがとうございました。出張で返事が遅れてごめんなさい。
泣いてきたら、気持ちを言葉にして共感し、行動は一貫した行動をとってみてはいかがでしょうか。

離れて泣いている場合は、共感して、泣き終わったら教えてねと言葉をかけて見るのも一つです。

もし、泣き終わってこちらに来たら、教えてくれたありがとう・・・と勇気づけてあげてみませんか?

おかちゃんへ

コメント有り難うございます。
10月の終わりは江戸川区に3日間行きます。2日間は小学校の教員向けの研修で、1日は小学校の保護者約100人に講演を行います。

時間があったら、来てくださいね。

稔先生へ☆

お忙しい中、コメントありがとうございました。

自分なりに考えながら、怒りではなく、一貫した態度で対応できるよう、努力したいと思います!!

『ニコニコ笑顔で命がけ』
心に響きました

ぶみっ子さんへ

コメント有り難うございます。
栃木の空の下から応援しています。

この記事へのコメントは終了しました。

« 子供が「泣いた時」どうしていますか? | トップページ | 後継者倫理塾第7期生スタート! »