2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 精神病と神経症の原因とは? | トップページ | 泣く子の対応法・・・パート2! »

2009年9月 4日 (金)

子供が「泣いた時」どうしていますか?

J04002941 「え~ん」「え~ん」「え~ん」・・・

子供に泣かれた時に皆さんはどう対応していますか?

泣きやませようとして・・・

抱っこしたり、物を与えたり、必要以上にかまっていませんか?

子供はいつも学習しています。

上記の様な対応をしていると・・・

抱っこしてほしい時は「泣く」。物がほしい時は「泣く」。かまってほしい時は「泣く」様になります。泣いてもほしいもの(目的)が手に入らないと・・・

「これでもか!」と大きく泣き目標達成します。

中には、吐く、喘息を起こす、壁に頭を打ち付ける等の別な行動をして、親を動かす子供もいます。

正しい知識や子育て法を知らない親は、これに見事にはまります

そして、うちの子は泣き虫だとか、説教をして泣き止ませようとしたり、よく泣くのは愛情不足?、又は泣かせては可哀想だからと・・・

大人の勝手な解釈をして、勝手な対応をしています。

子供が泣いた時、皆さんはどのように対応しますか?

J01828291 「子育てブログ」の上でクリックをお願いします。

明日と明後日は「論理療法」の研修会です。菅沼憲治先生のカウンセリングに感動しました・・・。

率先垂範、穏和な語りに深い洞察・・・明日も楽しみです。菅沼先生もアドラー心理学を学ばれたそうです。岩井俊憲先生によろしくとおっしゃっていました。

よい週末をお過ごし下さい。

応援はこちらから→にほんブログ村 子育てブログへ人気blogランキング

楽しい子育てを広めよう! 2つのランキングに参加中。 上のロゴをクリック、ご協力を!

←みのる園長の国際幼児園、セミナーはココからチェック!

スタッフが書く、国際幼児園の日常保育ブログ公開中!

« 精神病と神経症の原因とは? | トップページ | 泣く子の対応法・・・パート2! »

コメント

菅沼先生のメッセージありがとうございました。

菅沼先生は、一緒にアドラー心理学を学んだ仲間で、その後もずっとヒューマン・ギルドの株主であられました。

ヒューマン・ギルドにかなりお招きし、論理療法やアサーションなどのご指導をいただきました。
恩人です。

私からもよろしく、とメッセージをお伝えいただけますか?

鈴木代表、こんにちは。

『子供が泣いた時どうしていますか?』ですが・・・
以前の私は、子供の作戦に見事にはまっていました。
それを『うちの子は不適切行動ばかりして困る・・・』と勘違いして悩んでいました。

子育ての目標(どんな人になって欲しいか)を、しっかり持って対応すれば、自然と子供の作戦にはまる事はなくなりますね。
大切な事は、その場その場で、対応を変えない事だと思います。

子供が泣いていても、深呼吸して、冷静になると子供の目的が見えてきます。
そのためには、母親自身が安定している事が大切ですね。

失敗を経験したから、分かった事です。
ありがたいですね。

はじめまして。いつも読ませていただいてます。
今 3歳になった娘がいます。
まさに 泣きがひどくて、自分の思い通りにならないと泣く・・・しばらくほっといたら大声でなく。
そして、へそをまげると泣く。。。
正直どうしていいかわからず、怒ったり、物を与えてみみたりしてました。

鈴木先生のところが近ければ相談にいけたのですが・・・こちら東京で働いてるのでなかなか行けず、悶々としております。
どうしたらいいんでしょう・・子供と向き合う・・・。難しいです。。。

岩井俊憲 様

ずいぶんご無沙汰しています。菅沼先生とはそのようなご縁でしたか・・・。

この出会いに感謝します。
体調の方はいかがですか。まだまだ、元気で後進の指導に当たっていただかなければなりません。

このすばらしいアドラー心理学普及の為にも・・・。

よしとママへ

コメントありがとうございました。
余裕があれば、一歩引いて子供と接することができますよね。時間や気持ちや金銭にゆとりがないとついイライラしてしまうこともあります。

しかし、受け止め方次第で変われる・・・。
沢山のお母さんに子育てセミナーを受けていただきたいです。

nabaさんへ

コメントありがとうございます。
仕事をしながらの子育て・・・お疲れさまです。

ご縁があったらお会いしましょう。
東京でのセミナーも予定していますのでよろしければご参加下さい。

泣く子の対応は、次のブログで書きますね。
お役なに立てれば幸いです。

この記事へのコメントは終了しました。

« 精神病と神経症の原因とは? | トップページ | 泣く子の対応法・・・パート2! »