2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« 元に繋がれ! | トップページ | 欠点を理由に諦めない! »

2016年6月25日 (土)

たどり着きたくないゴール

13465975_1066839016726147_672126873


【たどり着きたくないゴール】

「親の期待に応える為に生きて来たんです・・・」
ある女性がカウンセリングで悲しげに呟いた。

...

小さいころから親の期待に応える事で居場所を作ってきたのだと言う。
いわゆる「手のかからない、聞き分けの良い子}だ。

親が習い事をさせた。
本当はやりたくなかった。
ただ「やりたくない!」と言えば、親の反応が分かっていたので、言わずに頑張ってきたのだ。

・弟に負けて居場所をなくしたくない。
・母親に嫌われたら居場所がなくなる。
・父は母の言う事を聞けと言っていた。
親を悲しませてはいけない。失望させてもいけない。家族の期待に応えなければならない・・・。

子供を思うばかりに、本人の意思に関係なく習い事をさせ続けたのだ。
中学になり、高校進学も、塾もすべて親が提案し、その通りにしてきた。

大学も家から通い、就職も親が希望した職種に就いた。
だが、間もなくして精神的な病気になり会社を退職したのだ。

「今まで、順風満帆に来たのにどうしてなの?私の育児が間違っていたの?」と母親は嘆いた。その姿を見て、彼女は自分を責めて更に症状が悪化していったのだ。

母親が設定した「たどり着きたくないゴール」に向けて走り続けてきたのだ。私が「今まで本当によく頑張ってきましたね・・・」と言うと大粒の涙を流し続けた。

彼女は今、やっと自分の目指すゴールに向けて歩き始めた。勿論、以前の彼女とは違い明るく、生きる事に喜びを感じている。

「あなたの為よ!」はあなたの為になっていない事が多い。
人に決められたゴールに向けて走り続けるほど辛いことはない・・・。

・自分の人生は自分が好きに生きるんだ!
・人の評価や顔色など気にする必要ない!
・自分で責任をとり権利を堂々と主張せよ!

昨日は、茨城のIEC株式会社で中堅社員の研修だった。
そのまま、つくばに宿泊し、今日はHUMAN GROUPの事務職員に研修をする。

一日一日を自分らしく生きよう。
人生は一度しかないのだから。

【企業研修・講演依頼・カウンセリング】http://utsutewamugen.com

« 元に繋がれ! | トップページ | 欠点を理由に諦めない! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 元に繋がれ! | トップページ | 欠点を理由に諦めない! »